乳酸菌が入ってる食べ物

身近で乳酸菌が豊富な食品といえば、やっぱりヨーグルトが王道ですね。
スーパーやコンビニでいつでも手軽に購入でき、様々な果実が加わっていたりとデザートとしても大人気!

ぜひお気に入りのヨーグルトを見つけたいですね。


毎日コツコツ続けること!

朝食時に毎日ヨーグルトをプラスすると、無理なく続けられるし、手軽に一品として加わるのでおすすめ。

小分けになっているタイプや、大容量のファミリータイプ、飲むドリンクタイプなど、好みによって選べるのも嬉しいところ。

また、市販のヨーグルトはブルガリア菌、ガセリ菌、ヤクルト菌などそれぞれ配合されている乳酸菌が異なりますので、目的によって使い分けできるのも便利です。


  • 乳酸菌の腸での働き

美味しくて手軽なヨーグルト。実はヨーグルトの乳酸菌の多くは、胃酸などで腸に届く前に死んでしまいます。
それでもビフィズス菌アシドフィルス菌など、いくらかは生きたまま腸に届き、比較的長い間そこで活躍してくれるものも。


腸内をゆっくりと通過する間に酸を作り出し、酸性に弱い悪玉菌をおさえることで、善玉菌が活躍しやすいように手助けしてくれます。


さらに、生きて腸まで到達できる乳酸菌はわずかですが、死んだ乳酸菌は、食物繊維と同じような働きをしてくれるという利点があります。

つまり、ジャマな悪玉菌の死骸を吸着して、体外へと連れ去ってくれることで、キレイになった腸内は善玉菌が住みやすく、増えやすい環境になるのです。


  • 継続は力なり!でもデメリットも...

(1)カロリーがある...便秘を解消してダイエットをしたい方や、美容を気遣う方にとっては、カロリー摂取は気になるところ。
最近では低脂肪ヨーグルトも増えていますが、やはりある程度のカロリーは避けられません。
また糖により虫歯になりやすいという点も。


(2)賞味期限が短い...継続するときに問題となるのが、賞味期限の短さ。
1ヶ月分まとめて・・といった購入の仕方ができないため、小まめに買い足しする必要があり、食べ忘れの原因ともならないよう注意が必要です。


「美味しく健康」が継続のヒケツ


お子様からお年よりまで、やっぱり人気のヨーグルト!
食べ物で体内に摂り入れた乳酸菌は3〜4日で体外に排出されてしまいます。
腸内環境をバランスよく維持し続けるために、毎日こまめに摂り続けていきましょう!

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)

関連記事
  • サプリメントで効率的に!
  • 医者いらず?!乳酸菌パワー!
  • 乳酸菌は、女性に嬉しい効果がいっぱい!
  • 話題の「乳酸菌」 どんな効果があるの?

  • なるとのおススメ便秘解消法を一挙公開!