話題の「乳酸菌」 どんな効果があるの?


『カラダにイイんだよね』とご存知の方も多い乳酸菌
なんとなくイイことは分かるけど、では実際に私たちのカラダの中でどんな働きをしているのでしょうか?


イイこといっぱいの『善玉菌』!

ヒトの大腸には『善玉菌』と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌
腸の老化を進めてしまう『悪玉菌』が存在しています。

できるだけ善玉菌が多い状態が理想の腸といわれ、このような腸内環境を保つことが健康促進や老化防止につながります。


また乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれるのです。

それにより体の抵抗力をアップさせて便秘を予防し、コレステロールを減らしてくれる効果があります。


  • 実は、昔からとっても身近な菌!

乳酸菌は、味噌、醤油、日本酒、ヨーグルト、乳酸飲料、キムチ、浅漬け、ピクルスなど、さまざまな食品の製造に用いられてきました。


乳酸菌による発酵は、食品に酸味といった味や香りの変化を与えます。
乳酸によって腐敗や食中毒の原因になる微生物の繁殖を抑え、食品の長期保存を可能にする優秀選手なのです。


また、乳酸菌は発酵の際、ビタミンCも生成するため、発酵前の生乳等のよりもヨーグルトなどのほうが濃度が高くなるという嬉しい特徴も!


昔から生活の知恵として発酵に用いられてきた乳酸菌。
健康促進の面においても、まさに理にかなっていたのですね。


  • ビフィズス菌と乳酸菌って違うの?

乳酸菌とは特定の1つの菌を指すのではなく、糖類を分解して乳酸に変える細菌の総称であり、人のカラダによい働きをするものが多くあります。


そして腸の老化を防いでくれる腸内細菌の中で、特に有名なのがビフィズス菌ではないでしょうか。


実は乳酸菌とビフィズス菌はまったく別の細菌です。
さまざまな病気や老化の原因を防ぐ働きをすることや、乳酸を作る性質から、『善玉菌』として広い意味で乳酸菌の一種として扱われることもあります。


生まれたばかりの赤ちゃんは、ビフィズス菌が腸内菌の95〜99%もあります。
大人になるにつれて腸の衰えやストレス、運動不足などが重なって少しずつ減ってしまいます。
そのままにしておくと悪玉菌がどんどん増えて腸内環境が悪くなってしまいます。


そのため意識して腸内の善玉菌を増やすことが大切となります。


知れば知るほど、嬉しい効果がいっぱい!

私たちの生活にとっても身近で、様々な種類がある乳酸菌。

それぞれの菌によって効果も異なってくるため、体質や改善したい症状によって乳酸菌を使い分けることで、効率的に体質改善ができそうですね。


善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラ」には1粒あたり、ヨーグルト約200gの乳酸菌が入っています。
そしてヨーグルトの中でも、特に注目の「カスピ海ヨーグルト
あの独特のねばりには、生きて腸まで届き、腸内環境を整えたり、美肌へ導くなどのチカラがあるんです!
その「カスピ海ヨーグルト」のクレモリス菌FC株をカプセル化したのは
善玉菌のチカラ」だけ。

腸内環境を整えるため、乳酸菌などの善玉菌を食事の中でも多く摂りいれたいけど
「食事の内容を変えていくのはハードルが高い・・」
だったらサプリメントを活用するのも1つの方法ですね。
整腸生活で便秘解消 ↓便秘解消.comからのお申込み限定!!23%OFF+送料無料

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「善玉菌のチカラ」

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)

関連記事
  • サプリメントで効率的に!
  • 乳酸菌が入ってる食べ物
  • 医者いらず?!乳酸菌パワー!
  • 乳酸菌は、女性に嬉しい効果がいっぱい!

  • なるとのおススメ便秘解消法を一挙公開!