食物繊維の種類

食物繊維には『植物性』『動物性』の2種類あります。
便秘に効くのは『植物性』の食物繊維です。

さらに植物性の食物繊維は、
水に溶けない不溶性と水に溶ける水溶性の2種類に分けられます。

不溶性の食物繊維の食べ物には、
セミロース・ヘミセミロース・不溶性ペクチンと言われているものがあり、
ホウレン草などの葉っぱの野菜、イモ類、豆類、干しシイタケなどの乾物に多く含まれています。

どのようにして便秘解消の役に立つのかと言うと、大腸を刺激してうんちを出す動きを活発にしてくれます。
直腸性便秘と弛緩性(しかんせい)便秘にとても効果があるので、たっぷり摂ってほしい食物繊維です。

けいれん性の便秘の場合、
刺激の強い『不溶性の食物繊維』は摂らない方が良いといいます。
もし摂りたいと思うのならば、摂る量を少なくしてください

水溶性の食物繊維の食べ物には、
ペクチン・グルカン・アルギン酸と言われるものがあり、
海藻類や納豆などのネバネバした食べ物、くだもの全般やドライフルーツなどの多く含まれています。

どのようにして便秘解消の役に立つのかと言うと、お腹の中の善玉菌を増やしてお腹の中を健康にして、うんちのカサを増やして出やすくしてくれます。

お腹への刺激が少ないので、けいれん性便秘にとても効果的です。
また、直腸性便秘と弛緩性便秘にも効果があるので、どのタイプの便秘にも効果があります!

注意!!
食物繊維だけを摂れば便秘が解消されるわけではありません。
ご飯に含まれる炭水化物、果物に含まれるビタミンC、他にも水分だって必要です。

その過程で食物繊維がバランスよく摂られることで、便秘が解消されると言うことを忘れないでください。

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)