離乳食とウンチの関係

Q(5ヵ月の赤ちゃん)離乳食を始めてすぐ、ウンチがゆるくなって1日に3?4回もするけど大丈夫?

A 離乳食を始めてウンチがゆるくなるのは、腸内細菌の状態が変化し始めたからです。離乳食に慣れてくると普通のウンチに戻ります。元気で食欲があるのなら大丈夫です。


Q(6ヵ月の赤ちゃん)離乳食を始めたら、ウンチの色が変わって臭いがするようになったのですが・・

A 離乳食が始まると色やにおいは変わるのは当然なので大丈夫です。母乳やミルクを飲んでいたときは、腸の中は善玉菌でいっぱいだったのに、離乳食が始まったことで腸内細菌の数や種類が変わってバランスが崩れます。慣れてくればバランスも整ってくるので心配しないでください。


Q(6ヵ月の赤ちゃん)うんちが固くなってるのは便秘ですか?

A 離乳食を始めたころにウンチが固くなるのは、授乳量が減ったことによる水分不足が原因です。気を付けて水分を与えるようにしましょう。
離乳食にもすっかり慣れているのなら食物繊維不足も考えられます。ヨーグルトやオリゴ糖も腸内細菌のバランスを整えて便秘解消になります。


Q(7ヵ月の赤ちゃん)食べたものがそのまま出てくるのは消化不良?

A 下痢状でいつもと違うのなら消化不良の心配がありますが、普段のウンチに食べたものが混ざっているようなら大丈夫です。
わかめなどの海藻類は消化しにくいので離乳食後期(カミカミ期)からがおすすめです。のりは消化されやすいので初期からでも大丈夫です。


Q(9ヵ月の赤ちゃん)ウンチににんじんやきのこなどが出てくるのは固かったり消化されてないってこと?

A にんじんは繊維が豊富で、カロテン色素は吸収されにくいのでウンチに出てくることがよくあります。でも栄養はちゃんと吸収されています。きのこ類やトマトやほうれん草なども同じことがよくあります。
食べ物の固さは、食べさせるときにフォークでつぶしてみたり、赤ちゃんの食べ方で判断しましょう。


赤ちゃんにも安心オリゴ糖

「便秘解消にオリゴ糖」よく聞きますが、なぜオリゴ糖が便秘解消に効くのでしょう?
答えはこちら戦うビフィズス菌を作るオリゴ糖をご覧ください。

 

離乳食に砂糖を使うのは抵抗がありますが、『カイテキオリゴ』のオリゴ糖は、北海道産のてん菜や牛乳や樹木を原料とした、天然のやさしい甘さ。
砂糖の1/4ほどの甘さです。
高品質のオリゴ糖なので、赤ちゃんの離乳食にも簡単に使えて安心な食品です。

赤ちゃんの便秘をスッキリさせてあげたいなら スプーン1/2杯のオリゴ糖をかけるだけ
カイテキオリゴを試してみてください。

使い方は簡単!
どんなごはんにも食べさせる前にスプーン1杯かけるだけ。

大切なのはここ!
ビフィズス菌それぞれにエサ(オリゴ糖)の好みが違うんです!

ビフィズス菌の種類は現在わかっているだけでも30種類以上。
このたくさんのビフィズス菌ほぼ全てを効率よく活性化させることができるのは『カイテキオリゴ』だけ。

複数のオリゴ糖を組み合わせることで相乗効果を生み出し、単一成分のオリゴ糖以上の効果を生み出せるメカニズム。「EOS理論」(特許出願)

1分に1個売れている天然オリゴ糖 カイテキオリゴは日本で一番売れているオリゴ糖です!

オリゴ糖についての詳しい説明は戦うビフィズス菌を作るオリゴ糖をご覧ください。


便秘のときの離乳食
きな粉のちょい足しで食物繊維アップ

バナナきな粉ジュース
作り方
バナナ1/3・きな粉 小さじ1・ミルク1/2をミキサーで混ぜる。
ミキサーがなくてもバナナを潰して、きな粉とミルクを混ぜ合わせればOK!

きな粉プルーンヨーグルト
作り方
きな粉 小さじ1・プレーンヨーグルト 大さじ2を混ぜ合わせたら、プルーンをかける。

食物繊維とカルシウムたっぷりのひじき

ひじきのおかゆ
作り方
水で戻したひじきを細かく刻み、すりおろしたニンジンとレンジで1分30秒加熱。おかゆと混ぜ合わせてできあがり。

ひじきの白和えもどき
作り方
水で戻したひじき、茹でたほうれん草を刻んだら、だしをかけてレンジで1分30秒加熱。汁気を切ったら豆腐をくずして混ぜ合わせる。

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)