一杯の水で変わる!
benpi-kaisyou-water_1.jpg

朝、コップ1杯の水を飲むことは、
お腹を刺激するのにとても効果があります。

特に、腸の動きが遅くなってうんちを出しづらくなっている『弛緩性便秘』に効果があります。
弛緩性便秘とは、おなかが張って苦しく、あまり固くないうんちが特徴です。

寝起きの頭はしばらく寝ぼけたままですが、お腹も(胃や腸のこと)朝一番のこの時は寝ぼけているんです。

「ボー」っと寝ぼけている状態で、
お湯や水で頭を洗うと「シャキッ!」と目が覚めますよね。
それと同じで胃の中に水を入れると「シャキッ!」
目を覚ましてくれて同じことが起こるのです。

ポイントは2つ
●勢いよく飲むこと
●常温の水にすること

朝、空っぽの胃に勢いよく水が溜まると、重力で腸が刺激されます。
すると腸はぜん動運動を始め、目を覚ますのです。
この一連の動きを『胃・結腸反射』といいます。

胃・結腸反射は、胃の中に何も入っていない時に起こりやすいので、
朝一番の寝起きが一番効果的なのです。

水分不足も原因

便秘の原因の1つとして水分不足もあります。
うんちを出しやすくするためには水分が必要不可欠です。

朝だけでなく、10時の休憩、12時のお昼休み、3時の休憩などに、
お水やお茶、コーヒーなど温かいものを飲むよう心掛けましょう。

みんな悩んでる「便秘」

先日、妹と便秘の話になりました。妹が自分が行っているエステの体験を母の日にプレゼントする・・という話の流れで。

全然知らなかったのですが、妹はずっと便秘で悩んでいたらしく(そう言われると確かに下腹部がポッコリしている。)
3年も通っているエステで、初めて便秘の話になったとのこと。
すると「そうだったんですか?!」と言って、おなかをマッサージしてくれたみたいで、すぐに恥ずかしいくらいギュルギュルおなかが鳴り出して「ありえんくらい出たッ!」そうです。
そして薦められた酵素の便秘薬を買って試してみたそうです。
「おなかが痛くなりすぎず、わりと自然な感じで出るんよね。ちょっと高いけどもう止められん。」と言っていました。
酵素についての詳しいことは、こちらをご覧ください。

なんとその酵素の便秘薬「1箱 1万円」って、開いた口が塞がりませんでしたが、昔便秘だった照子さんにもその必死さが少しは分かるような・・でもこの値段はムリよぉ〜ムリムリ!

ちなみに照子さんは、いろいろ試した結果『朝コップ1杯の水』と食生活にこだわっています。
朝の快便は、その日を楽しくしてくれます。
服を着替えて鏡で横姿をチェックしたとき、ランチを美味しく食べたとき、急なお誘いがあったとき、何かを思い立ったとき、体が軽いと活動的になれるんです!

こだわりの食生活の1つ『善玉菌のチカラ』『カイテキオリゴ』にもチャレンジ!


便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)