種類に応じた解消法!

便秘の種類はいくつかのタイプがあります。
(詳しくは「便秘の種類」へどうぞ)
便秘のタイプが違うということは、人それぞれ治し方違って当然です。

便秘の解消に効果的だといわれる食物繊維も、便秘のタイプごとに摂り方を変えた方が、効果的に便秘が解消されます。

ちなみに、食物繊維には2種類のタイプがあり、水に溶ける『水溶性』と、体に溶けない『不溶性』があります。(詳しくは「食物繊維の種類」をご覧ください。)

直腸性便秘
生活習慣が原因で起こるもの

腸からの「ウンコを出したい」と言う指示を脳にちゃんと伝えるようにする。

1)朝一番のコップ一杯の水を飲み、便意を感じることを体に再び思い出せる。
2)食物繊維をたっぷり摂り、ウンコの量を増やしてやわらかくする。

食物繊維の種類について。
水溶性」「不溶性」のどちらを摂っても差し支えありません。
両方をバランスよく摂ると効果的に便秘解消になります。

弛緩性便秘
腸の動きの低下が原因で起こるもの

腸をしっかりと動かしてウンコを出すようにする。

1)「冷たい水」や「お酢やコショウ」などの香辛料をほど良く摂って、腸に刺激を与えて動きをよくする。
2)ビールには炭酸ガスが使われており、その炭酸ガスが腸を刺激してくれるので、適量ならとても効果的です。

けいれん性便秘
ストレスなどで腸の動きが過敏な状態

腸への負担を少なくしてスムーズにウンコを出すこと。

1)「冷たい水」や「お酢やコショウ」などの香辛料を出来るだけ摂らないようにして、腸のけいれんを抑えるようにしましょう。
2)脂肪の多い料理や、アルコール、カフェインなどの腸に掛かる負担が少ないものを避けて、毎日3回の規則正しい食生活をするようにしましょう。

食物繊維の種類について。
水に溶けやすい水溶性の食物繊維を摂るようにしましょう。
水溶性の食物繊維は、腸内の善玉菌を増やしてくれて、 腸内バランスを整えてウンコをスムーズに出してくれます。

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)