にんにくのアリシン効果!

にんにくは数多くの病気を予防する食材として、
世の中に広く知られています。
でも「便秘解消にも効果的!」と言うことは知られていません。

にんにくの主な成分は、『アリシン・アホエン・スコルジニン・ゲルマニウム』です。
その4つの主成分のうち、便秘解消に重要な役目をするのがアリシンです。

アリシンお腹がうんちを外に押し出す、『ぜん動運動』と言う動きを活発にしてくれる成分です。
しかもニンニクは、お腹の中の善玉菌を増やし、
便秘解消の大きな役割をしてくれます。

ビフィズス菌を増やして、うんちを出す動きを活性化!
これほど理想的な便秘解消の働きをしてくれる食材は、めったにお目にかかれません!

にんにくの匂いを次の日に残したくないなら、
青汁』と一緒に食べるといいですよ。

青汁に含まれている食物繊維の中に、モクセイ油という油質があります。
これがにんにくの匂いを消してくれます。

食べ方で一押しなのが素揚げです。

にんにくの匂いを抑えてくれたり、
ホクホクの焼き芋のような柔らかさがとってもおいしいですよ!
匂いが不安であれば、
次の日に仕事が無い日などに試してみてください!

また、にんにくは調理法で1日の食べる量が変わってきます。
(にんにく1個は、だいたい6片で作られています。)
生・・・1〜2片
醤油漬け等・・・3〜4片
焼いたものは・・・5〜6片

豆知識として「どんなものが一番いいか?」
をご説明させていただきます。

にんにくを選ぶ基準は、
形が丸く重みがあり皮が張っているものが良いですよ。
皮が茶色になっていたり、
カサカサに乾燥しているものは良いとは言えません。

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)