豆類は便秘の万能薬

豆類は、畑の肉と言われるほどタンパク質が多く、
食物繊維カルシウムなどのミネラル・ビタミンがたっぷりと含まれています。

また、ビフィズス菌のエサとなって活性化させるオリゴ糖も含まれており、便秘解消には最高のパートナーになります。
(ビフィズス菌については「ビフィズス菌とは?」をご覧ください。)
(オリゴ糖については「オリゴ糖とは?」をご覧ください。)

を使った代表的な食べ物として有名な納豆は、
発酵途中の食物繊維がやわらかい状態になっています。

消化がよくお腹に負担をかけないので、けいれん性便秘には最高の食材です。
もちろん、直腸性便秘、弛緩性便秘にも効果があります。
(便秘の種類については「便秘の種類はさまざま」をご覧ください。)

日本の伝統食である大豆は、血圧や血糖値の上昇を防いだり、悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

でも、大豆食べてますか?

日本では大豆の摂取量が減少傾向にあります。
40歳未満の世代では、1日の目標摂取量の半分にもみたないというデータもあります。

そこで、新しい楽しい「大豆の食べ方」を見つけました!
大豆100%麺ソイドル

大豆100%のうれしい栄養成分は
・糖質がうどんの96%OFF!
・食物繊維がうどんの6倍!
・タンパク質はうどんの4倍!

ソイドル

主食になるソイドル(大豆麺)は、便秘解消にもダイエットにもおすすめ!
大豆タンパク質はゆっくりと消化されるため、腹持ちの良さも実感できますよ。

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)