りんごの特殊ペクチン

りんごには、他の果物とは違う『特別なペクチン』が含まれています。

りんごに含まれている特別なペクチンは、ビフィズス菌を増やすことが出来ます。

このビフィズス菌を増やすというのが、りんごに含まれている特別なペクチンならではの効果です。

ビフィズス菌が増えているお腹の中は、酸性の状態に保たれています。
アルカリ性を好む悪玉菌は、
酸性の状態のお腹の中で暮らしていけません。

"あなた"のお腹の中で悪さをする悪玉菌が減り
"あなた"のお腹の中を健康にする善玉菌が増えることで、
便秘が治ると言うことです。

りんごの食べ方についてですが、皮を取らない生で食べるのが一番です。
ですが、食べ方にこだわらずにすりおろして食べても構いません。

ただし!ジュースとして飲む場合は、
にごっているものを飲むようにしてください。
透きとおっているものはあまり食物繊維が残っておらず、
便秘の解消にはそれほど効果はないです。

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)