便秘で死亡した女性(その1)

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

彼女の便秘は1年前からあり、たまに腹痛が合ったにもかかわらず
病院に行き医師の診察を受けないまま、市販の薬を飲み続けていました

死亡2日前まで普通にお仕事をされて、死亡の前日・当日は仕事が休みだったので
ご自宅で療養されていたそうです。

死亡前日は風邪の症状と腹痛を家族に訴えており、寝たり起きたりを繰り返して昼食夕食を食べなかったそうです。

benpi-death_1.jpg

死亡当日は朝食を食べずに朝から自分の部屋で休まれており、 学校から帰ってきた弟さんにより、トイレの前で死亡しているのを 発見されました。

その後、死因を確かめるべく解剖がされました。

女性のお腹は妊娠満期と思われるほど膨れ上がっており、
死因は 『腸内に大量のうんちが6.7kgも溜まったことによる
腸閉鎖』が原因でした。


腸閉鎖の症状・原因・治療について
  • 症状について

便(うんち)やガス(おなら)が出なくなり、
お腹がガスで張り膨らみ苦しくなる。

  • 原因について

大腸の癒着と言う、腸の壁に炎症が起こり腸管どうしがくっ付き、
腸の動きが悪くなり、うんちが移動しなくなることが最も多い原因。

  • 治療について

軽い症状の場合は数日の絶食で治りますが、ひどくなると鼻からチューブを入れてガス(おなら)を抜きます。
それでも治らなければ手術をしなければなりません。

直腸付近には、水分をほとんど含まない『コンクリート上の硬いうんち』が、 数十センチ溜まっていたそうです。

さらに詳しい情報については、 「便秘で死亡した女性(その2)」をご覧ください。