便秘で死亡した女性(その2)

便秘で死亡した21才会社員女性の体格は、身長158cm、
体重47.6kgの、いたってごく普通の一般女性の体格だといえます。

死後硬直は手の関節と足の関節に軽くみられ、眼球結膜、分かりやすく言えば目がひどく充血しており、肛門内には真っ黒なうんちが充満していたそうです、、、。

便秘の苦痛に耐え切れなかったのでしょう、、、。
右人差し指と中指の爪には同じ色のうんちがついており、
指を使ってうんちをかき出そうとした」と医学関係者は言われています。

腸には目立った傷は無く、出血、炎症などの症状は見られませんでした。

ただ、腸の中には6.7kgにもなるうんちが溜まっており、
直腸付近では水分をまったく含まないコンクリートのようなうんちが
数十cmも溜まって
いたそうです。

  • ※直腸とは、最後にうんちが溜まる部分です。

この直腸内にある一定の量のうんちが溜まることで、便意が起こるといわれています。

また、死亡した21歳会社員女性のお母さんの話では、
死亡1週間前に本人とお風呂に入ったときには、お腹の膨張は
まったく気がつかなかったと言われています。

関係者の推測では、
妊娠満期ほどのお腹の大きさは
死亡全数日間に作られたものと考えられております。

おならが原因
benpi-death2_1.jpg

便秘で死亡した女性(1)」でもご説明させて頂いていますが、
この「妊娠満期と思われるほどのお腹の膨れ上がり」と言うのは、
腸内にうんちが6.7kgも溜まっていたことも原因ですが、
実は、腸内に大量に発生したガス、つまり"おなら"原因なのです。

おならが腸の中に恐ろしいほどの量が溜まり、腸の"くだ"を膨張させて 妊娠満期ほどのお腹の大きさになってしまったのです。

死因は腹痛や嘔吐などのショック症状からくるものらしく、
生前に病院に受診されなかったことや、
ショック状態になったときに 周りに人がおらず、病院に運ばれなかったことが今回の最悪な結果を 生んでしまったと言われています。

この女性の教訓から学ぶべきこと

1年以上前から市販のくすりに頼り過ぎ(からだの薬慣れ)、ひどくなったにもかかわらず病院にもいかず、便秘というものを軽視したためだと思われます。

便秘解消には「腸内環境の改善」

が必要になりますが、そのために摂りたいのが食物繊維。

ではその効率よく摂取できる植物繊維とは?

食物繊維なら!【モリンガ】

食物繊維は食物繊維は腸の蠕動(ぜんどう)運動を高め、便を排出しやすくします。

また、食物繊維には便の質を良くする不溶性食物 繊維、便を柔らかくして蠕動運動を活発にする水溶性食物繊維の二種類がありますが、モリンガに はそのどちらもバランスよく含まれているため、とても効果的に便秘の症状を改善することができるんです!

また、モリンガの魅力として挙げられるのがその即効性です。

モリンガは飲んだ次の日から便通が良くなったという方や、便が柔らかくなったことを実感したという方が数多くいます。

3日程度で宿便が出て数キロ体重が落ちたり、肌のツヤが良くなったりしたという経験談もインターネット上で見ることができます。

「もし、何を食べてもお通じがスッキリしない・・・」という方は、モリンガを試されてはいかがでしょうか?

私の体験談もご覧ください。