便秘と大腸がんは関係なし!?

2006年、12月の記事ではありますが、「 便秘気味でも大腸がんのリスクは高まらない 」とこれまでの通説を覆す記事が発表されていたことを知ってますか?

記事によると、

「日常的に便秘気味や下痢気味でも、大腸がんになる率は便通が正常な人と変わらないことを、厚生労働省の研究班が6万人規模の追跡調査からまとめた」とあります。

研究チームは米医学誌「疫学紀要」12月号にも発表しているそうです。

厚生労働省研究班は1993年に6府県の40代から60代の男女にアンケートを行い、便通の頻度を調査しました。その後回答した約6万人を追跡し、便通と大腸がんの発生率との因果関係を分析。

その結果、便通について毎日2回以上、毎日1回、週2・3回と回答したいずれの群においても、大腸がんの発生率の差は見られなかった

この、通説を否定する研究結果・・・知ってましたか!?

たしかに大腸がん患者の症状には「便秘」があげられます。


しかし、


便秘だからガンになったのか?
ガンになったから便秘になったのか?

あまり触れられていない部分だとは思いませんか?


どの本を見ても『 便秘=大腸がん 』を強調しているような。


そしてなぜか、この記事はインターネット上から閲覧できない。。。

こんなすごいビックニュースなのに、テレビで見なかった。。。

これって、、、なぜ ^^;??

便秘で死亡した女性から学ぶべきこと

1998年、21歳会社員女性が便秘により死亡したことをご存知でしょうか?

⇒ 便秘で死亡した女性(その1)